家具製作において、この上なく難しいご依頼というのは何でしょうか。

ytei5

以前、あるお得意様から玄関収納(下駄箱)を造ってほしいというご依頼を受けました。
知人の方が新築されたということで、そのお祝いに玄関収納をプレゼントしたいとのことでした。

橋本木工は、注文家具、オーダー家具、特注店舗什器製作が専門の木工所です。
どんなデザイン、大きさのものでも、できる限りのことはお引き受けします。

どんなものがいいですか?

とお聞きすると、こんなお答えが返ってきました。

 

「玄関を開けた時、ふっと目が行って、靴を脱いで玄関を上がると、また振り返ってふっと見てしまうような下駄箱」

 

何て粋なことをおっしゃるのでしょうか!

 

そして、何て難しいご依頼をなさるのでしょうか・・・

 

設計の途中で、何度かご依頼主様にこんなイメージでいかがですか?と確認するのですが、

「すべて任せるから!」とのこと。難しいご依頼がさらに難しくなる瞬間でしたが、
信頼していなければ出てこないであろうお言葉。とてもありがたい瞬間でもありました。

 

出来上がった玄関収納の設置が完了すると、ご依頼主様も、プレゼントされた方もとても喜んでくださいました。

残念ながらこちらの家具の写真はありませんが、忘れられないエピソードとして書かせていただきました。

 

「とにかく、見た人がうわぁ!と感動するような家具」

「シックで落ち着いていて、でも存在感のある家具」

「場所を取らないけれど収納力のある機能的な家具」

 

などなど、人それぞれ、家それぞれに理想とする家具があると思います。どれが一番、というのも、人それぞれです。

 

橋本木工の家具は、ただの「物」ではありません。ご依頼主様、ご利用される方々、設計するスタッフ、製作する職人、取付する職人・・・

1点1点の家具に、関わる全ての人々の思いを詰め込んで、今日も世界でたった一つの「味わいのある家具」を創り出しています。

MB壁紙2

エピソードの下駄箱ではありませんが・・・

 

%e4%ba%8b%e4%be%8b%e8%aa%98%e5%b0%8e%ef%bc%94