2014年秋、ひっそりとオープンした路地裏のイタリアン。

オープンから半年。地元の食通がこぞって通い、取材依頼が絶えないという。

そんな「名店」への階段をまさに駆け上がりつつある レストラン MOTORA(モトラ)

橋本木工では、店内すべてのテーブルとカウンター、そしてエントランスを彩るクロークの製作を担当しました。

moto4

 言わずと知れた銀座の名店、「レストラン ファロ資生堂」出身のシェフが創り出すイタリアンは、見て鮮やか、食べて感動。

本物志向のイタリアンをいっそう引き立てるのは、美しい木目のテーブルやカウンター。

moto7

カウンター越しのオープンキッチンから、シェフの熱意が伝わります。

moto6

テーブルやカウンターを含む、店内全ての家具に「アッシュ」という種類の突板(表面材の一種)を使用しています。

※「突板」に関して詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

今回も、もちろん材料屋さんに足を運び、たくさんの「アッシュ」を見せていただきました。

そのなかでも、とびきりの表情を見せてくれたこちらのアッシュに決定です。

moto14

カウンターも「アッシュ」ですが、5メートルを超える長さが映えるよう、テーブルとは少し趣の異なる木目を使用しています。

moto8

カウンター下の小箱(収納棚)も、カウンターと同素材です。

moto10

 

最後は、お店の顔、エントランス。

moto1

こちらは、テーブルと同じ木目を使用しています。

夜になると、上下にほんのりとライトアップされてクロークが浮かび上がり、夢のひと時への誘いを演出します。

 

ランチは気の置けない仲間と過ごす、楽しいひと時を。

ディナーは特別な人と過ごす、至福のひと時を。

はたまた、スペシャルな突板仕様のカウンターで一人物思いにふけったり、気さくなシェフとのおしゃべりを。

moto4

Restaurant MOTORA (モトラ)

 東京都足立区千住3-21 フィオーレ北千住1F
03-5284-7711(予約がお勧めです)
■ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)
■ランチ  11:30~14:30 (L.O.14:00)

※水曜定休 

%e4%ba%8b%e4%be%8b%e8%aa%98%e5%b0%8e%ef%bc%93