※こちらの記事は、 東京都   I 邸 シナの家 ~前編~

の続きとなっております。ぜひ、前編も合わせてご覧ください。

 

東京都 I 邸 シナの家 ~前編~ はコチラ!

 

 

前回の記事でご紹介した I 邸の特徴とは・・・

 

☆ 壁が「シナ」という木のベニヤ板でできている。

☆ 家具も同じ「シナ」の突板で製作

 

という、まさに「シナの家」です。

 

 

橋本木工では、以下の家具を製作させて頂きました。

 

・キッチン調理台と、その上の吊戸棚(及びダクトカバー)

・シンク一体型のダイニングテーブル

・洗面台

・居間から洗面所へと続く扉 (引戸)

・寝室部分の小上がり(収納付き)

・クローゼット

・窓下のベンチ収納

※壁全面に貼ってあるシナのベニヤ板は、大工さんが手配・施工されました。

 

壁と家具が同じ木「シナ」ということもあり、とても印象的な空間となりました。

今回は8点の家具を製作しましたが、一つの家具の設置・施工が完了する度に

お部屋の雰囲気がぐっと変わり、

 

「お~、すっごくイイね~!!」

 

と、お客様と一緒になって盛り上がってしまいました。

 

それでは、そんな一つ一つの家具をご紹介いたしましょう!

 

【キッチン調理台と、その上の吊戸棚(及びダクトカバー)】

全面シナ突板仕上げになっています。

 

キッチン周りは、収納するものや使い勝手、動線に合わせて

扉の仕様がこんなふうに異なっています。

 

 

コンロの両サイド、ステンレス天板にて作業がしやすいよう

吊戸棚(引き戸部分)の奥行きは浅くなっています。

ワイングラスホルダーを取り付けても、作業の邪魔になりません。

 

 

続いてご紹介するのは・・・

 

【シンク一体型のダイニングテーブル】

 

ダイニングテーブルの天板は、「タモ」という木の集成材です。

 

集成材とは・・・? コチラの記事をご覧ください!

 

シンクと一体型のため、食事の準備をしつつテーブルに座っている人と

コミュニケーションが取れてしまう、楽しいデザインです。

 

 

 

テーブルの下は、こんなふうに一部収納になっています。

 

 

 

I 様邸の壁や家具で、唯一「シナ」以外の表面素材を使用しているのが

こちらのタモ集成材を使用したダイニングテーブルです。

※天板下の、収納部分は他の家具と同様シナの突板仕様です。

 

タモのテーブル、独特の存在感です。

 

 

唯一の別素材「タモ」の天板が印象的なのはもちろんの事、その存在により

シナの色白で美しい木肌もより一層引き立ちます。

 

 

 

続いてご紹介するのは、まるでホテルのような佇まいのコチラ。

 

洗面台

 

お部屋の反対側から撮影しました。

個人的にはこの、正面からドアの向こうに見える洗面台が大好きで

気付けば同じものばかり、何枚も撮っていました。

 

 

朝目覚めて、こんな洗面台で顔を洗えたら素敵な一日が過ごせそうです^^

(こちらの家具製作を担当した I 君が、チラッと写っています )

 

 

次にご紹介するのは、洗面台の手前にある扉です。

 

【居間から洗面所へと続く扉(引き戸)】

洗面台の右奥に、お手洗いが続いています。

そのためこちらの引き戸は中から鍵がかかります。

 

こちらの引き戸もシナの突板仕様。お部屋全体がまとまっています。

※壁のシナベニヤ板手配・施工は大工さんです。

 

 

さて、この他にも以下3点の家具を製作させて頂きました。

 

・寝室部分の小上がり(収納付き)

・クローゼット

・窓下のベンチ収納

 

こちらは次回、

東京都 I 邸 シナの家 ~後編~

にてご紹介したいと思います!

 

東京都 I 邸 シナの家 ~後編~  はコチラ!