マンションの立ち並ぶ静かな住宅街。

そんな中でもひときわ目を引く大型のタワーマンション。

 

その一室にお住まいのS様より、オーダー家具のご依頼を頂きました。

 

S様邸には、お嬢様が二人いらっしゃいます。

 

お嬢様方の自室に、それぞれ壁面収納家具を製作させて頂きました。

 

一つは和室、一つは洋室です。

 

前回、和室に製作したオーダー家具をご紹介いたしました。

 

前回の記事はコチラ!

 

今回は、洋室に製作したもう1つのオーダー家具をご紹介したいと思います。

 

コチラです!

 

お部屋全体を撮れる位置がなく、少し分かりにくいのですが・・・

 

 

洋室を使用されるお嬢様のリクエストは、こんな感じでした。

 

☆ 広めのクローゼットスペース

☆ 小物を入れる引出し

☆ バッグを収納するオープンスペース(扉の無い収納棚)

☆ 朝、シャワーを利用するのでタオルハンガーがほしい

 

ご要望を元にお打合せを重ね、内部はこんな風になっています。

 

クローゼットスペースは2か所。

 

和室編でご紹介したのと同様、従来のクローゼット形式にするには

奥行きが足りないため、縦型のクローゼットです。

 

ハンガーパイプは、手前に引き出して使用できます。

 

頭から足元まで、左右は手にした鞄まで写る

大きな鏡を付けました。

 

 

3段の引出しには、小物を収納したいとのことでしたので

自由な位置で仕切れる仕切り板も付いています。

 

 

さて、この壁面収納家具、1か所収納できない場所があるんです。

お分かりになりますでしょうか。

 

 

ここです!

 

 

ちなみに一番端にある上、収納できない=開閉しないため、

邪魔にならないこの位置にタオルハンガーを取り付けました。

 

収納できない理由、その答えは、オーダー家具を設置する前のお部屋にあります。

 

写真の中央あたり、円柱の一部があります。

この円柱を、目隠ししてほしいとのご要望がありました。

 

また、お部屋をなるべく広く使用したいため、家具の奥行きも

この円柱がちょうど隠れる程度に収めたいとのことでした。

 

そこで、オーダー家具をこんな形で設計したのです。

 

最上部の家具も、端まで製作することが可能でした。

しかし、そうすると点検口が開かなくなってしまうためこの位置で収めています。

 

 

和室と洋室

 

ライフスタイルの異なるご姉妹

 

同じ壁面収納家具でも、場所や使う方によって全く違う物を製作できるのが、

オーダー家具の魅力です。

 

和室の壁面収納家具も、よろしければご覧ください。

S邸 和室編はコチラ

 

あなたなら、どんな場所で、どんな家具と暮らしたいですか?