艶めく純白のオーダー家具、W邸シリーズもいよいよ終盤です!

 

前編中編では、壁面収納やキッチン収納など大型オーダー家具をご紹介しました。

後編では、「ちょこっと家具」をご紹介したいと思います。

 

ちょこっと家具(勝手に名付けました)とは、

 

「ここに棚が1枚あったら便利だな」

 

とか、

 

「この柱と柱の間、デッドスペースになっていてもったいない!

 扉を付けてちょっとした収納場所にできないかな」

 

などなど。

 

大掛かりなオーダー家具ではないんだけれど、

ちょっとした細工でライフスタイルがぐっと軽やかになる家具を、勝手ながら

 

「ちょこっと家具」

 

と呼んでいます。

 

このちょこっと家具、パッと見の存在感はささやかですが、

痒いところに手が届くとっても便利な家具なんです!

 

ちょこっと家具について詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

※橋本木工の家具に囲まれた暮らしを綴ったブログです。(アメブロにリンクしています)

 

W邸でも、いくつかこの「ちょこっと家具」を作りました。

まずは、W邸シリーズ中編の最後にご紹介したコチラ!

 

洗面スペース内、バスルーム入り口付近のタオルバーです。

W邸の洗面スペースには、タオルを掛けておくスペースがありませんでした。

空間を極力狭めず、なおかつ使いやすい位置にタオルバーを設置しました。

 

続いてのちょこっと家具は、こちらです。

この、細長い扉の中は収納になっています。

実は、W様がお家を購入された際、元々付いていた収納なんです。

 

扉を開けると、こんな風になっていました。

 

中は、床から天井まで縦長の空洞に、高さの替えられない棚板が2枚付いていました。

(左隣の扉内部も同様でした)

 

W様は、2枚の棚板で3スパンに区切られているだけだと、沢山の物を効率よ

収納納することができず使い勝手が悪いとお悩みでした。

 

また、玄関に入ってすぐの場所なので、上着を掛けられると嬉しい!

とのことでした。

 

さて、どのようにお悩みを解決したのかというと・・・

 

 

 

 

内部の収納物は・・・まだ整頓途中です。家具のみご注目を。

 

左側の扉内部はコート掛けにしました。ただ、クローゼット仕様にするには

奥行きが足りないため、縦型のコートハンガーにしました。

奥の衣類も取り出しやすいよう、コートハンガーはスライド式です。

右側の扉内部は、高さの替えられる棚板をたくさん付けることで

小物の収納もしやすくなりました。

最下段には掃除機を。

5枚に増えた棚板は、自由に高さが変えられます。

 

ここの収納、橋本木工で製作&設置したものは、

 

☆ 5枚の棚板とレール

☆ コートハンガー

 

以上!

 

いわゆる「ちょこっと家具」です。

 

ちょこっとながら、ライフスタイルは劇的に変わります。

 

赤い太線3本と赤丸が、元々あった4枚の固定棚です。太線部分は撤去しました。

 

ちょこっと家具の魅力、お伝えできたでしょうか。

これもまた、オーダー家具、注文家具の魅力の一つですよね。

 

 

最後にもう一つご紹介したいオーダー家具は、お手洗い収納です。

天井に換気扇が付いているため、少し下げた場所から吊戸棚を付けています。

 

お手洗いのお掃除グッズや予備のトイレットペーパーなどは、

目に付く所に置いてあると何かと気になります。

かと言って、お手洗い外部に収納すると、使用する際いちいち面倒です。

 

お手洗いの吊戸棚は、ちょこっと家具と呼んでも良いほどシンプルな収納ですが、

あると無いとではライフスタイルが180℃変わります。

 

 

3回に渡って、W邸のオーダー家具達をご紹介してきました。

リビングを印象的に彩る、床から天井までの大きな壁面家具

 

壁面収納家具の奥には、五人家族の食器や食材をゆったりと収納できるキッチン収納家具

 

収納場所に困っていた洗面スペースには、天井付近のデッドスペースを利用した

L字型の吊戸棚

 

それから、ほんの少しの細工でライフスタイルが劇的に変化する「ちょこっと家具」達。

 

W邸でご依頼頂いたオーダー家具は、それぞれの設置場所で

ライフスタイルを軽やかに、楽しくしています。

 

オーダー家具に囲まれた、新しい暮らし。

 

橋本木工のオーダー家具が、W様ご家族の新しい暮らしに寄り添っていける事が

とても嬉しくて、ワクワクしています。

 

オーダー家具に囲まれた暮らしを、末長く楽しんで頂けますように!