橋本木工で生まれ育った長女一家が暮らすマンションの一室に、

本棚を製作しました。

 

 

長女一家は、このマンションで暮らして7年になります。

今頃になって新しい家具を製作した理由は、3年生の息子の個室を作ったためです。

 

この、息子の個室、決して大きな部屋ではありませんが

橋本木工で製作したオーダー家具が何と3点も!

 

それは何かというと・・・

 

① 勉強机

※以前は、妹の机と横に並べて共同の「子供部屋」で使用していました。

こんなイメージです。(勉強机の製作事例記事にリンクしています)

 

② 衣類収納(左側の白い家具です)

※右側のクローゼットは、元々マンションに備え付けてありました。

橋本木工で製作した白い衣類収納が設置してある場所は、

元は何もなくデッドスペースになっていました。

 

幅90㎝、奥行き60㎝、高さは梁下までで2メートルと、結構大きデッドスペースでした。

そこで、ここにすっぽりと収まる衣類収納家具を製作しました。

 

下4段は引出、上部はクローゼット仕様にしてあり、コートなども掛けられます。

この衣類収納に、子供2名分の衣類やおけいこバッグなどが全て収まっていました。

 

③ そして3点目は、今回製作した本棚です!

 

子供のうちから、オーダー家具に囲まれた個室。

 

 

「なんて贅沢な部屋!!」

 

 

と羨ましがる、母親(橋本木工の長女)

 

 

忘れてしまったのでしょうか。

 

 

橋本木工に併設された実家に残る彼女の部屋には、

今でも橋本木工で製作した、壁一面の壁面収納家具と本棚が残っていますが。。。

(壁面収納家具には、勉強机も組み込まれています)

 

 

ベッド足元から壁までの、わずか30㎝のすき間を有効活用しました。

 

 

 

勉強机と同じクリーム色の素材と天然木を組み合わせて製作した本棚です。

オープンスペースには写真や絵などをディスプレイしてお部屋を彩ります。

 

 

 

子供だからこそ、本物にきちんと向き合って、触れてもらいたい。

 

そして、その「モノ」に関わった人々の思いや手間暇を、きちんと、感じてもらいたい。

 

 

 

モノ作りの過程に必ずある

 

 

「物語」

 

 

それは、

 

 

使う人の歴史や思い。

 

作り手の試行錯誤と喜び。

 

 

オーダー家具製作の「物語」には、必ず使う人と作り手の両者が登場します。

 

そして使う人は、使う度にその「物語」に思いを馳せ

 

世界でたった一つ、自分のためのオーダー家具と、「物語」の続きを紡いでいきます。

 

 

この部屋の主と本棚が紡ぐ、物語の続き。

 

オーダー家具が寄り添う、未来の物語。

 

また折を見て、記事にできたらと思います。

 

 

 

※橋本木工の長女が綴るブログ「オーダー家具、注文家具に囲まれた暮らしの日記」にて

本棚の記事を書いています。こちらもぜひご覧ください。

 

オーダー家具注文家具に囲まれた暮らしの日記(アメブロにリンクしてます)

 

その他、製作事例はコチラ。

引き続きお楽しみください。