キッチン革命 ~Part2~

先日製作事例にて、キッチン周りのオーダー家具をご紹介しました。

新築でご入居されたマンションのキッチン収納。

オーダー家具の吊戸棚とキャビネットを製作させて頂きました。

 

 

また、もともとマンションに設置してあったシステムキッチンの

シンク下収納をリメイク致しました。

ここで言う「リメイク」とは、家具をゼロから作るのではなく、元々あった家具に

アレンジを加えることで家具を生まれ変わらせることです。

 

Before (両開きの扉)

  

After(引出しにリメイク)

 

シンク下の収納はもともと両開きの扉でしたが、奥の物が取り出しやすいようにと
上の画像のように引出し収納にリメイクしました。

オーダー家具は、ゼロから新しいものを作るだけではなくこんなこともできるんです。

※詳しくは、東京都 S様邸 ~キッチン革命~ をご覧ください。(別ページにリンクしています)

  

さて今回は、築19年のマンションに設置してあった家具のリメイク事例をご紹介します。

 

題して、キッチン革命 ~Part2~ です!

 

家具や家電などは、長く使用すると故障や劣化で使い勝手が悪くなったり、

デザインが古くなったり・・・

 

10年から15年くらいで交換される方も多いのではないでしょうか。

 

今回リメイクしたのは、こちら!(リメイク前)

 

横縞の茶色収納、上下全てを交換しました。

さらに・・・

反対側のコチラも!(リメイク前)

 

 

換気扇横の吊戸棚と、システムキッチン(コンロやシンクの下)の収納です。

このすべてをリメイクしました。

 

19年間使用したキッチン収納、扉がきちんと閉まらなかったり、
引き出し金物が劣化して扉が曲がっていたり

  

子供が扉を勝手に開けないよう、昔使用していたチャイルドロックが取れずに残っていたり

他の扉も、開閉がスムーズにいかず、きちんと閉まらないなど経年の劣化がありました。

さて、リメイク後、この辺りがどうなったのかというと・・・


Before(リメイク前)

 

After(リメイク後)

 

Before

 

After

 

これ、「リメイク」ではなくて「完全な作り替え」なのでは・・・

いえいえ、これ、「リメイク」なんです!

  

完全な作り替えの場合、下部収納と一体になっている上部の天板、

IHコンロやシンクなども作り替えになります。

しかし、上部のアイテムは全く変わらず扉の部分だけ変化していませんか?

よーく見ると、それぞれの扉の大きさや取手も全く同じです。

実は、収納の「本体」はそのままで、「扉」のみを作り替えたんです。

 

 

これだけのボリュームがある収納家具、IHコンロやシンク、食洗器まで交換となると、

既存設備の撤去も含め、工事に数日かかり金額もかなり大きなものになります。

収納家具は、手に触れて、たくさん動かすところである

扉と丁番が一番劣化しやすいんです。本体は結構長持ち。

 

そこで、扉と丁番のみ交換するリメイクをしました。

そのため、設置工事はわずか半日。

費用も、キッチン収納全てを作り替えた場合と比べると、1/5以下です。

 

リメイク前の扉についていた耐震ラッチ(地震で扉がロック)も、新しい扉に付け替えて再利用しました。

   

収納の内部は、リメイク前と同じ。

  

画像では分かりませんが、丁番も付け替えたため扉の開閉が段違いにスムーズになりました。

19年前にはあまり主流でなかった、扉が途中から自動で閉まる「ソフトクローズ」機能も付いています。

 

キッチンを新しくしたいけれど、大掛かりなリフォームをするほどでは・・・

というお悩み、結構よくお聞きします。

 

そんな時には、こういった「家具のリメイク」がお勧めです。

扉と丁番(金物)を変えるだけで、まるで新品のような見た目と使い心地です。

  

木目でも、単色カラーでも。お好みの素材で、お気に入りの空間を作ってみませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA