東京都 M 様邸 天然木の表情

都心の景色を一望する高層マンションの一室に、キッチン収納を製作させて頂きました。

リビングのテーブルやTVボードは、天然木を使ったナチュラルテイスト。
リビングから続くキッチンの収納も、同様に天然木で統一したいというご希望でした。

そんなご希望の元に製作した家具が、コチラです。

 

 

オーク材の天然木突板合板を使用したカップボードです。

上部は宙に浮いているような開き扉の吊戸棚、
下部は幅広な引き出し収納になっています。

 

下部収納の天板は、同じオーク材ではなくステンレスを使用しています。

天板を異素材にすることで目を引くアクセントに。
またステンレスは強度もあるためキッチンでの作業にも向いています。

マットな風合いが天然木によく馴染んでいます。

 

天然木は、木目の現れ方がとても個性的です。

同じ「タモ」材を使っても、切り出した木によって木目の幅が広かったり、狭かったり。
また、木材のカットの仕方によっては表に現れる木目が年輪のように円を描いていたり、

 

まっすぐの線状だったり

 

 

違う木種になりますが、こんな珍しい木目もあったり

 

 

また、気にいった木目の表面材を決めたとしても、その表面材のどの部分を扉に使い、
どの部分を側面に使うかなどで、表情は全く変わってきます。

 

脱線しましたが、そんなこんなで今回のカップボードはこんな表情を見せてくれました。

 

  

一見シンプルですが、よく見ると奥深い表情をしています。


カーブがかった線状の木目と円を描く木目が溶け合っていたり。
色味の濃い部分と薄い部分が絶妙に重なり合っていたり。


ずっと眺めていたくなるような、表情豊かなオーダー家具となりました。

 

 

さて、吊戸棚は収納容量を増やすために天井いっぱいまで制作することが多いのですが、
今回あえて上部を30㎝程度開けています。

その理由は、キャットウォークにするためです。

 

 

これまでは、向かいのコンロ台から冷蔵庫へ飛び乗っていた猫ちゃん。
せっかくオーダーで作るのならと、隣の吊戸棚の上も歩けるようにという
M 様のご希望でした。

キャットウォークの空間を確保しても、収納容量はたっぷりです。

 

 

世界でたった一つの木目で作った、M様ファミリー&猫ちゃんのためのオーダー家具。

毎日快適にご使用いただきたいのはもちろんのこと、
猫ちゃんにも橋本木工のオーダー家具の上でたくさん遊んでもらえますように!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA