東京の中心地。

 

たくさんの若者が行き交う駅から少し離れると、静かな住宅街が始まります。

そんな住宅街に、築20年超の貫録ある佇まいをしたマンションが顔を出しました。

 

 

扉の中も、年季の入ったお部屋かと思いきや・・・

 

 

 

まるで、最新のデザイナーズマンションです。

 

 

それもそのはず。

 

 

今回のご依頼主 I 様は、建築物の設計をされていらっしゃる方でした。

元々住まわれていたマンションを全面リフォームされることとなり、ご自身で設計。

 

家具製作の部分を、橋本木工にご依頼頂きました。

 

 

お部屋の壁が、全て「シナ」という木のベニヤ板でできています。

 

一般的にはこの上に壁紙を貼ったりしますが、とてもきれいなシナだったこともあり

I 様邸ではそのまま壁として使用しています。

※変色や汚れ防止の目的で、無色の塗装を施しています。

 

 

I 様は建築物の設計が専門ですが、今回は家具も自ら設計してくださいました。

家具も、「シナ」の突板にて仕上げています。

(※上の画像のテーブル天板のみ別素材です)

 

突板とは・・・?

詳しくは、コチラの記事をご覧ください。
※橋本木工HP「突板」ページにリンクしています

 

 

壁の「シナベニヤ板」は大工さんが手配・施工したものですが、

橋本木工製作の家具で使用している「シナ突板」と木の種類が同じですので、

お部屋全体に一体感が生まれています。

 

 

オーダー家具 注文家具は 世界でたった一つ。

 

お客様のためだけに作られた家具です。

 

「欲しい家具を一方的にご注文いただく」

 

というよりは、

 

「お客様と共に作り上げる」

 

という表現の方が相応しいと感じています。

 

 

お客様から様々なご要望をお聞きして、

こちらからもその都度色々とご提案をして、

するとまたお客様から新しいイメージが沸きあがり・・・

 

最後には、一体どんな素敵な家具が生まれるんだろう!

 

と、ご依頼を受けたこちらまでワクワクするやり取りが続きます。

 

今回、I 様作成の設計図をもとに

まさに

 

「作戦会議」

 

という名が相応しいお打合せや試作を重ねました。いつもに増して、

 

「お客様と共に作り上げる」

 

実感が大きかったのは言うまでもありません。

 

I 様にもそんな感覚が伝わったのでしょうか。

納品後しばらくしてから、

 

「ようやく引っ越しが終わったので、ぜひ見に来てください!」

 

という、嬉しいご連絡を頂きました。

 

 

実は I 様邸の家具、一部は I 様によるDIY仕様になっています。

 

 

お分かりになりますか・・・^^

 

 

橋本木工で製作した家具を納品した後、デスク、本棚、洗面所の吊戸棚等、

I 様がDIYにて製作されました。

 

 

ちなみに、橋本木工で製作させて頂いた家具はコチラです!

 

・キッチン調理台と、その上の吊戸棚(及びダクトケース)

・シンク一体型のダイニングテーブル

・洗面台

・居間から洗面所へと続く扉

・寝室部分の小上がり(収納付き)

・クローゼット

・窓下のベンチ収納

 

I 様邸に限らず、全ての家具に、お客様と共に作り上げた思い入れがあります。

 

美しく機能的で、こだわりがたくさん詰まった家具たち。

 

次回の記事 「東京都 I 邸 シナの家 ~中編~」 では、

ひとつひとつの家具をご紹介したいと思います。

 

東京都 I 邸 シナの家 ~中編~ はコチラ!